債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題なら司法書士法人ファミリアにご相談ください

債務整理、自己破産、過払い請求などの借金問題を解決して取立てをやめよう!借金を減らそう!

債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題解決の司法書士法人 ファミリア


ファミリア通信 ファミリアグループのスタッフの朝礼や日常をお届けします。

グループサイトホーム >> ブログ >> カタカナを平仮名にしたいとき!!

記事検索

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

債務整理・自己破産・過払い請求などの借金問題解決はコチラ
債務整理・自己破産・過払い請求の
解決はコチラから

だんだん暖かくなり春めいてまいりましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回エクセルの話を書きましたが、

今回も一つエクセルの関数をご紹介したいと思います。

最近仕事をするうえで、

大量のカタカナのデータを

平仮名にする必要に迫られました。

そこで役立ちましたのが、

「PHONETIC」関数です。

この関数は、フリガナを表示する関数なのですが、

フリガナの表示は通常カタカナになっています。

そこで、フリガナの設定を平仮名にした上で、

この関数を使うとカタカナを平仮名に変えることができます。

具体的にはこのような感じです。

1. A1のセルに「シホウショシホウジンファミリア」と入っているとします。

2. A2のセルに「=PHONETIC(A1)」と入力します。

3. これでカタカナでフリガナが表示されます。

4. A1のセルを選んで[ホーム]タブの[フォント]内のフリガナをふる[亜]の右隣の三
角を選んで、[ふりがなの設定]を選んで、ふりがなの種類を[ひらがな]にします。

以上です。

あまりなじみのない関数でしたが、

いまでは重宝しています。

平田(哲)

「ファミリア」は英語の「親しみやすい」
名古屋で債務整理、過払い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記、測量、農地転用、開発相談
日本初!ネットで作れる遺言サイト(無料)

posted by ファミリア at 18:10| 日々のあれこれ