債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題なら司法書士法人ファミリアにご相談ください

債務整理、自己破産、過払い請求などの借金問題を解決して取立てをやめよう!借金を減らそう!

債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題解決の司法書士法人 ファミリア


ファミリア通信 ファミリアグループのスタッフの朝礼や日常をお届けします。

グループサイトホーム >> ブログ >> 2015年6月

記事検索

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

債務整理・自己破産・過払い請求などの借金問題解決はコチラ
債務整理・自己破産・過払い請求の
解決はコチラから

2015年6月 >>  1  2  3

2015年06月08日

天気と頭痛

こんにちは。管理部門の桑島です。

6月になっちゃいましたね。
と言うことは一年もあと半年...
最近、一年経つのがほんと早く感じます。

そして6月は梅雨の季節ですね。
私は偏頭痛持ちで、特に雨が降る前によく頭痛になるので
これからの季節はちょっと憂鬱です。

雨が降ると頭痛になるという人は多いようですが、
原因としては、

・低気圧による気圧の変化によって血管が拡がり、炎症が起きて頭痛を誘発する
・気圧の変化により自律神経のバランスが乱れ体調の変化が起きる

など、気圧の変化が大きく関係しているみたいです。


調べてみると対処法も、
・コーヒー(カフェイン)を飲む
・痛いところを冷やす
・ツボを押す

などなど。

まぁ私の対処法は我慢せずにすぐに薬を飲むことなんですが...。




「ファミリア」は英語のfamiliar「親しみやすい」     
名古屋で債務整理、過 払い請求
名古屋で相続、遺言、贈 与
名古屋で不動産登記、会社設立、 商業登記
名古屋で登 記・測量・農転・開発相談
日本初!ネットで作れる遺言サ イト(無料)

posted by ファミリア at 15:21| 日々のあれこれ

2015年06月04日

ファミリアの経営理念

昨日、ひさしぶりに雨が降り、連日の熱さも少しやわらいだ気がします。

本日のブログ担当の管理部門長縄です。

本日は、ファミリアの原点である経営理念をご紹介します。


■経営理念■

一.最高・最良のリーガルサービスを提供し社会に貢献する。

一.ユーザーからアクセスしやすい環境を整え、社会から必要とされる存在であり続ける。

一.仕事を通して、縁のある人々の幸せを実現する。


これは、金子代表が設立当時(約10年前)掲げた理念で、ファミリアに係った人々を幸せにしていきたいという思いがこめられています。

こんにちに至るまで、そしてこれからも私達はこれを基に業務を行なっていきます。

これから1年間この理念をもとに事業計画が達成できるよう業務に励んでいきたいと思います。

「ファミリア」は英語のfamiliar「親しみやすい」

名古屋で債務整理、過 払い請求
名古屋で相続、遺言、贈 与
名古屋で不動産登記、会社設立、 商業登記
名古屋で登 記・測量・農転・開発相談

posted by ファミリア at 10:16| 日々のあれこれ

2015年06月03日

バケツ

調査士部門の白井です。

新年あけましておめでとうございます

から もう半年経ちました・・・

歳のせいか、時の流れがマッハに感じられます。

歳のせいか、物忘れがひどくなっています。

気づけば測量で使用するバケツがなくっていました。
うーん・・・どこで紛失したのか全く思いだせません。

インパクトのあるバケツならなくならないだろう、と
思い次はこのバケツを購入しようかな



モロッコ製真鍮バケツ!
かっこいい!

・・・あ!売り切れてる。
ふつうのバケツを買います・・・

「ファミリア」は英語のfamiliar「親しみやすい」
名古屋で債務整理、過 払い請求
名古屋で相続、遺言、贈 与
名古屋で不動産登記、会社設立、 商業登記
名古屋で登 記・測量・農転・開発相談
日本初!ネットで作れる遺言サ イト(無料)





posted by ファミリア at 9:43| 日々のあれこれ

雨の多い季節となりましたが、皆様お変わりございませんでしょうか。

 

こうしてブログを書いている今も雨が降っております。

 

6月の雨といえば、中原中也の詩にまさに「六月の雨」という詩があります。

 

恋しいような寂しいような、楽しいような、無邪気なような、そんな感じのする素敵な詩です。

 

さて、本題です。

 

今月はじめに、過払い金に関係する最高裁判決が出ました。

 

民法の解釈にも絡む重要な判決と思いますので、ご紹介いたします。

(とくに民法を勉強中の方は知っておいた方が良いと思います。)

 

 

平成2761日最高裁判所第二小法廷判決(破棄差戻)

 

(事案)

 

甲さんは、貸金業者Aさんから継続的にお金を借りました。

AさんはBさんに債権を譲渡しました。

AさんとBさんは甲さんに債権譲渡通知を出しました。

甲さんはBさんに、異議をとどめないで本件債権譲渡の承諾をしました。

甲さんはBさんから継続的にお金を借りました。

Bさんは、乙さんに吸収合併されました。

甲さんは乙さんから継続的にお金を借りました。

 

(ここから裁判です)

 

甲さんは、法律上の要件を満たさず、旧貸金業法43条1項の適用がないとして、乙さんに対して過払い金の返還請求をしました。

 

(※ちょっと予備知識)

 ・旧貸金業法43条1項は、法律上の要件を満たした場合に利息制限法を超える支払いを有効とする規定です。

・旧貸金業法43条1項の適用があると、利息制限法を超えて支払った利息は有効となり、甲さんは乙さんから返してもらうことができません。

 ・旧貸金業法43条1項の適用がないと、利息制限法を超えて支払った利息は有効とならず、甲さんは乙さんから返してもらうことができます。

 

乙さんは次のように反論しました。

旧貸金業法43条1項の適用が仮にないとしても、債権譲渡の通知を出したときに、甲さんはそのことを言わず、異議をとどめないで承諾しているので、民法468条1項前段の適用がある。

そして、法律上の要件を満たさず旧貸金業法43条1項の適用がないことを自分は知らなかったし、知らなかったことに重大な過失もない。

だから民法468条1項前段により、甲さんは「旧貸金業法43条1項の適用がない」ことを主張できない。

 

(※ふたたび予備知識)

・民法468条1項前段は、債務者が譲渡人に主張できたことがっても、債務者が異議をとどめないで債権譲渡の承諾をしたときは、譲受人に主張することができなくなるという規定です。

・民法468条1項前段については、最高裁昭和42年10月27日第二小法廷判決・民集21巻8号2161頁(請負報酬金債権の事案)が、「悪意の譲受人」に対しては民法468条1項前段を適用せず、債務者は譲受人に主張することができる、としました。

・民法上、「悪意」とは「知っていた」ことで、「知らないことに重大な過失がある」場合も「悪意」と同視します。

・乙さんの「法律上の要件を満たさず旧貸金業法43条1項の適用がないことを自分は知らなかったし、知らなかったことに重大な過失もない。」という反論は、上記の最高裁昭和42年10月27日判決が自分には当たらないことを主張しています。

 

(最高裁判所の結論)

 

民法468条1項前段の趣旨は、譲受人の利益を保護し、一般債権取引の安全を保障することにあります。

そうしますと、譲受人が、債務者が譲渡人に主張できたことを知らなかったとしても、このことに過失がある場合には、譲受人の利益を保護しなければならない必要性は低いです。

また民法468条1項前段は、債務者の単なる承諾のみによって、譲渡人に主張することができたことを譲受人に主張することができなくなるという重大な効果を生じさせるものです。

そうだとしますと、譲受人が通常の注意を払えば、債務者が譲渡人に主張できたことの存在を知り得たという場合にまで、上記効果を生じさせるというのは、債務者と譲受人間の均衡を欠いてしまうでしょう。

そこで、民法468条1項前段は、債務者が異議をとどめないで債権譲渡の承諾をした場合に、譲渡人に主張することができたことの存在を譲受人が知らなかったとしても、このことについて譲受人に過失があるときには、債務者は、譲受人に主張することができると解するべきです。

今回の事案では、譲受人に過失があったかどうかが審議されていないので、原審(名古屋高等裁判所)でもう少し審議してください。

 

長くなりました。

 

ここから私の感想です。

 

一言で言いますと、今回の判決は、「民法468条1項前段について、過失のある譲受人には適用しない」という解釈を示したものです。

 

昭和42年判決で「悪意の譲受人には適用しない」としたものを、さらに「過失のある譲受人にも適用しない」というように、適用しない範囲を拡大したことになります。

 

民法468条1項前段を「取引安全」のための規定と考える昭和42年判決立場を踏襲するなら、今回の結論になるのが自然でしょう。

(勉強中の学生さんのために補足しますと、本条項をいわゆる禁反言の現われと見る見解もあります。)

 

ただ、民法468条1項前段は、単に債権が譲渡されたことを認識した旨を債務者が通知しただけで抗弁の喪失という債務者にとって予期しない効果が生ずるため、その正当化根拠の説明が困難であるといわれています。そこで、将来的には民法468条1項前段は削除することが検討されています。

 

私は今回の判決について、解釈の理由づけがやけにあっさりとしている印象を受けました。

 

もしかしたら、それは最高裁判所もこの廃止の流れを考慮に入れて、あまり詳しく論じなくても異論はないだろうと考えたのではないか、そんな風に思いました。

 

過払い請求について可能性を広げる判決でした。

 

 

ちなみに民法は、数年前から大改正の準備をしていて、現在も進行中です。

 

その改正作業の中で、民法468条は次のように変えることが検討されています。

 

・民法468条第1項は削除

・債務者は、対抗要件具備時までに譲渡人に対して生じた事由をもって譲受人に対抗することができる。

 

(民法(債権関係)部会第99回会議「民法(債権関係)の改正に関する要綱案」(平成27年2月10日決定)第194(1)ア、イ参照。)

 

将来的には、今回争いになった民法468条1項前段も、削除され、解釈によって図ろうとしてきた債務者と譲受人間の均衡も、抗弁を放棄するという意思表示の一般的な規律に委ねられることになります

 

たとえば、錯誤(民法第95条)等の意思表示の規定や抗弁放棄の意思表示の解釈に委ねられます。

 

なお、改正作業の途中では、民法468条第1項前段の抗弁の放棄については、「書面」で行わなければならないとすることも検討されていました。

 

しかしこれは、「債権が譲渡された場合における抗弁放棄の意思表示についてのみ書面要件を課すことは、抗弁の放棄一般の場合とのバランスを欠く上に、債権譲渡がされた場合における抗弁の放棄とそれ以外とを実際上区別することが困難であって、適当ではないとの批判」(法制審議会民法(債権関係)部会第83回会議(平成26年2月4日開催)民法(債権関係)部会資料74A「民法(債権関係)の改正に関する要綱案のたたき台(8)12頁)を考慮して上記「民法(債権関係)の改正に関する要綱案」(平成27年2月10日決定)では取り上げられていません。

 

法律の改正作業の経緯をたどると、法律の鼓動のようなものが感じられる気がしてきます。

 

民法の改正作業の資料は法務省のサイトで見ることができます。

 

雨がやむまでの間、ちょっと眺めてみると、楽しいかもしれません。

 

長文、最後までお読みいただき有難うございました。

 

入札部門 平田(哲)

 

「ファミリア」は英語の「親しみやすい」
名古屋で債務整理、過払い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記、測量、農地転用、開発相談
日本初!ネットで作れる遺言サイト(無料)

posted by ファミリア at 21:10| 日々のあれこれ

2015年06月26日

父の日

日曜日は父の日でしたね。

皆さんは、大切なお父様に何かプレゼントをされたのでしょうか?

私は今年はまだ何もプレゼントできていません...
事前に欲しいものをリサーチしておいたのですが、準備できませんでした。
予定があって、一緒に食事に行くこともできませんでした。
でも、このまま何もしないのはいやなので、
7月に京都にお出かけがてら、美味しい鱧料理でも食べに行こうか?
なんて話しをしています。
プレゼントもその時に...なんて考えてます。
こうやって家族で過ごす時間は、とても幸せな時間です。

本当におちゃめで賢くて、私の大好きな父が、よろこぶ顔が早く見たいです!
私の気持ちが伝わりますように!

--
━━━━━━━━━最高・最良のリーガルサービスを…━━━━
司法書士法人ファミリア  
 平田 聡美  hirata@touki.bz
────────────────────────────
名古屋市中区錦一丁目3番18号 エターナル北山ビル7階
電話:052-228-7533 ファックス:052-228-7531

posted by ファミリア at 10:48| 日々のあれこれ

2015年06月26日

ついつい

先日、書類のお預かりにお伺いした先で、拝見したインテリア・小物に
ついつい我を忘れてしまいました。
実際に使用していた学校の机と椅子や、ドアノブ、照明、棚・・・
我が家もこんなふうにしたい!
雑貨屋さんもやってらっしゃるそうで、
お願いして小さい花の形のタイルを買わせていただきました。
ドアノブも、取っ手も、サイズが合えば・・・

はしゃぎすぎてしまったかも?
でも打合せはしっかりしましたので、ご安心下さい。
ぜひまたお伺いしたいです。

建物部門柴田

 


   「ファミリア」は英語のfamiliar「親しみやすい」
名古屋で債務整理、過払 い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記・測 量・農転・開発相談

posted by ファミリア at 9:35| 日々のあれこれ

2015年06月24日

BBQ

建物部門の佐藤です

先日、友達と海でBBQしてきました♪♪

梅雨ということで
お天気はあまりよくありませんでしたが
とっても楽しかったです!!!

お肉もお野菜もいっぱい食べて
元気いっぱいです(・u・)/

今週も海へお出かけです♪♪

今週のお天気も心配ですが…
思いっきり楽しんでこようと思います

そして梅雨が早く明けてほしいです!!

 

「ファミリア」は英語の「親しみやすい」
名古屋で債務整理、過払い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記、測量、農地転用、開発相談

posted by ファミリア at 18:03| 日々のあれこれ

建物部門の野々山です。
6月もあと1週間ほどで終わりです。
時間が過ぎるのがとても早いように感じます。

僕の携帯には、大学生時代に活動していた団体からの連絡ラインがいまだに届き
ます。

その団体はアンビシャスネットワークといいます。
主に中学生の学習支援、居場所づくりをしている団体です。

時々ラインを見ることがあり、後輩たちの頑張りを見ることができ、自分自身も
頑張ろうと思えます。
間接的に力をもらっている感じです。

アンビシャスネットワークに興味が出た方はぜひ調べてみてください。

彼らの活動を応援しています。

「ファミリア」は英語の「親しみやすい」
名古屋で債務整理、過払い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記、測量、農地転用、開発相談
日本初!ネットで作れる遺言サイト(無料)

posted by ファミリア at 12:54| 日々のあれこれ

2015年06月22日

佐久島

こんにちは。
建物部門の築城(ついき)です。

おととい、三河湾に浮かぶ離島、佐久島に行ってきました。
自然とアートの島です。

島内を自転車で走り回り、たくさんのアートに触れ、
おいしい海の幸を食べ、久しぶりに会う友達といっぱい笑って、
たくさんエネルギーをもらいました!

お天気がよすぎて、紫外線が気になりましたが…
紫外線を浴びると皮膚でビタミンDが生成されるんです。
このビタミンDって骨の健康のために必要らしいです。
だからいいや♪

運動とおいしいものと日光と笑いで
なんだかとっても健康・元気になれた1日だった気がします!




 

「ファミリア」は英語のfamiliar「親しみやすい」 
名古屋で債務整理、過払 い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記・測 量・農転・開発相談

posted by ファミリア at 12:58| 日々のあれこれ

2015年06月22日

久々のメダカ

調査士部門、岡野です。
最近、近所のおじ様にメダカを頂きました。
「いっぱい産まれたから3匹ぐらいあげるよ〜」とお声掛け頂きましたが、、
生き物は世話が大変なのでもらうかどうしようか迷いましたが、子供が欲しそうに
していたので、まぁ教育にもなるかなと思いいただくことになりました。
入れ物が無かったので漬物を入れるガラス瓶に入れて眺めていると、
意外にかわいいのです。子供も喜んでいます。メダカなんて久しぶりです。
早速ベビーメダカ用のエサを買ってきてあげてみると、かわいい☆
数日たって、エサをあげていると・・・ん?なんかたくさんいるぞ・・・?
3匹だったはずなのにいっぱいいる・・・
そこで昨日水替えがてらかぞえてみると、正味36匹いる!
なんでこんなにいるんだ!水草に卵がついてたのか?
こんなにいっぱいのメダカが大きくなったらこの瓶じゃぁダメじゃないか!!
とういうことで水槽の購入を考え、ペットショップに見に行きました。
色んな生き物がいて、かわいいエビとか見ていると一緒に水槽に入れたく
なってきます。
いかんいかん、こうやってどんどん経費がかさむんだな、と今のところ
我慢しております。

posted by ファミリア at 9:36| 日々のあれこれ