債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題なら司法書士法人ファミリアにご相談ください

債務整理、自己破産、過払い請求などの借金問題を解決して取立てをやめよう!借金を減らそう!

債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題解決の司法書士法人 ファミリア


ファミリア通信 ファミリアグループのスタッフの朝礼や日常をお届けします。

グループサイトホーム >> ブログ >> 地名の由来

記事検索

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

債務整理・自己破産・過払い請求などの借金問題解決はコチラ
債務整理・自己破産・過払い請求の
解決はコチラから

2016年08月29日

地名の由来

8月も終盤で長かった夏休みもそろそろ終わりますね。
今年の夏休みは遠出はせずに、お墓参りや近所をウォーキングしたりして
のんびり過ごすことができました。

最近、ウォーキングしていると町名や地名あるいは交差点名称、
駅やバス停の名前、所在の小字名(こあざ)について
気になることが増えてきましたのでご紹介させていただきます。

例えば

「○○新田(しんでん)」と付く地名。
→新たに田や畑などとするため開墾して出来た農地のことで、
江戸時代頃から食料生産量を増やすために湖や潟、浅瀬などで
埋め立てや干拓が行われ、陸地が増やされ耕地となった場所です。

「宮前」と付く地名。
多くの場合、宮とは「神宮社」「神社」「社(やしろ)」を表し、
もともと神社等の参道周辺の地域を指したものである。
→小字名に宮前と付く場合は近くに神社が必ずありますね。


「○○池」と付く地名。
昔は池があった場所の周辺の地域を指したものである。
→現在のように昔は「農業用水」が発達しておらず
「農業用のため池」が全国各地には多くあったことからです。

名古屋千種区で「池下」という地下鉄の駅の由来も、
「大正時代までは蝮ヶ池(まむしがいけ)の池底だったため、
池下と付いた地名」です。
‘蝮”がかなり群がっいたのでその名がつけられたと言われているそうです。
→毒を持つ蝮、当時の人たちも恐ろしかったんでしょうね。

mamusigaike.jpg



蝮ヶ池は大正10年に埋め立てられ、 現在は池下駅、
厚生年金会館(取り壊されています)が建っています。

d0042090_23503912.jpg



蝮ヶ池の名称は今でも、近くにある神社「蝮ヶ池八幡宮」で残ってます。

2016082212280000.jpg



現在、「駅名」などに残っている、地名や地域の名称から、
その地域の歴史や地形を学ぶことも面白いですね。

 

測量部門 井上 陽太




「ファミリア」は英語のfamiliar「親しみやすい」

名古屋で債務整理、過払い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記・測量・農転・開発相談

posted by ファミリア at 14:05| 日々のあれこれ